身近にある不思議な話 〜先人達の知恵〜



5つの環境問題

 

●空気
 化学物質・農薬・排気ガス・ゴミ焼却などダイオキシンをはじめとする猛毒物質が大気の全てを汚染しつくしました。
 有害細菌もたくさん発生しています。呼吸することすら危険な状態です。
 そしてそれらを含んだ雨も危険です。

●水
 ダイオキシン・トリハロメタン・塩素で死なない原虫。もうすでに地球上のどこの水も飲めない状態です。
 また、化学の力をもって作られた水を飲み続けることも大変危険です。原点に返って水の浄化が最優先。
 安全な自然水をもう一度飲みたいものです。

●土壌(農業)
 化学農法の行き詰まりが土壌汚染を残し、今、有機農法すら行き詰まりを見せています。
 酪農・養鶏・養魚・人工飼料・農薬・抗生物質。腐らなくなった牛の糞は肥料としては使えない。
 家庭用の生ゴミ処理機の中は化学物質のオンパレード。農家は肥料として使いません。
 また、特殊微生物を使った土壌改良で微生物公害がおきています。

●食品
 遺伝子組替をされた大豆、トウモロコシ、小麦、農薬づけの野菜・果物。
 添加物だらけの加工食品、人工飼料で育った牛・豚・魚・鶏 etc…。
 人間は年間4kgもの化学物質を摂取していることになる。
 腐らない物は人間も食べれません。

●光
 フロンガスは今も家畜のふんなどから大量に放出されています。
 今後数十年間オゾン層は破壊され続けるでしょう。
 太陽から出る有害放射線が地球に直接降り注ぎ、すべての動植物に悪影響を与えます。
  (もう、安易にひなたぼっこはできない)

※化学で作り出された物質は、人間・動植物すべてに必要ありません。
 また、化学で作り出された物質を分解するため、かえって生態体の負担となります。

 

<<BACK  NEXT>>


©2006 TOPQUARK ▲TOP